ニュース・事件・事故

2017年1月12日 (木)

フリーモントストリートで自動運転のシャトルバス走行試験中

フリーモントストリートで自動運転のシャトルバスがテスト走行をおこなっています。2017年1月20日まで。
公道を自動運転の車が走るのはアメリカではじめて。
運賃無料なのでぜひ乗ってみて!

ルートは、フリーモントストリートとラスベガスブルバード付近にあるFlippin’ Good Burgersとコンテナパーク間。「Board Here」のサインから乗ることができます。
運行時間は午前10時から午後6時。

シャトルは12人乗り。時速43キロまで出すことができるようですが、今回は最高時速19キロで運行。電気バスなので環境にも優しい。
試験走行中は、シャトルを開発したフランスNAVYA社の係員が常時乗車するということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

ラスベガス初!メジャーリーグのスポーツチーム誕生

ラスベガスにNHLのチーム新規加入
本拠地になるTモービルアリーナ 6月22日

ラスベガスにNHLナショナル・ホッケー・リーグのチームが誕生します。
22日にアンコールホテルでおこなわれた理事会で承認されました。

新チームは2017-18シーズンから加入し、ウェスタン・カンファレンスのパシフィック・ディヴィジョンに所属。
チーム名などは後日発表されます。

NHLを誘致する活動のひとつとして、本拠地となるTモービルアリーナのシーズンチケットをすでに2015年2月から発売。今までにおよそ1万5千枚が売れました。
シーズンチケットの購入はvegasishockey.comで。

ラスベガスにプロスポーツのチームはいくつかありますが、メジャーリーグに所属するチームがホームタウンにするのは初めて。

プロアイスホッケーでは、マイナーリーグのチームがラスベガスを本拠地にしていました。
ECHLに所属したWranglersは、2003年から2014年までオーリンズアリーナで活動。しかしアリーナを改装するため新しいホームを探しましたが見つからず、2015年に解散しました。
今はリーグ自体が消滅したIHLのThunderは、1993年から1999年までトーマス&マックセンターを本拠地としていました。

NHL
プロアイスホッケーのリーグ。アメリカに23チーム、カナダに7チームの30チームあり、ラスベガスのチームは31番め。
ウェスト、イーストの2つのカンファレンスに別れ、ウェストではパシフィックとセントラルディビジョンに7チームずつ、イーストはアトランティックとメトロポリタンのディビジョンに8チームずつ所属しています。
レギュラーシーズンは10月上旬から4月上旬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

プリンス追悼 ラスベガスがパープルに染まる

急死したプリンスを悼み、21日はラスベガスがプリンスのイメージカラー、パープルに染まりました。

観覧車「ハイローラー」

ベネチアンホテルパラッツォホテルのホテルサインも

ベネチアンで公演をおこなっている「HUMAN NATURE」は、プリンスの『The Most Beautiful Girl In The World』で追悼

4月6日にオープンしたばかりの「Tモービルアリーナ」

ラスベガス市長キャロライン・グットマン氏も追悼のツイートを。
そしてダウンタウンにあるシティホールがパープルに

フリーモント・ストリート・エクスペリエンスでは通常の映像ショーのあと、プリンスのショーがおこなわれました。

明日22日はマンダレイベイホテルにあるライブハウス「ハウス・オブ・ブルース」で、プリンス出演の映画『パープルレイン』の上映会がおこなわれます。
ドアオープン午後6時。入場無料。参加者はパープルの服で。
詳細

プリンスは2006年11月から翌年4月まで、リオホテルのクラブ3121において40回のレジデンス公演をおこないました。

また、2002年12月にアラジンホテル、現在のプラネットハリウッドホテルでおこなわれたコンサートが収録されたDVDが発売されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

新アリーナこけら落としはほぼオールスター

アリーナこけら落とし公演

6日にオープンした、ラスベガス最大のアリーナ『T-Mobile Arena(旧名Las Vegas Arena)』。
当地出身のバンド「キラーズ」、「40年以上にわたりラスベガスでショーをおこない、エルビス・プレスリーやフランク・シナトラを凌ぐ観客動員を誇った」(WIKIより)Mr.ラスベガスこと「ウェイン・ニュートン」がこけら落とし公演をおこないました。

アリーナこけら落とし公演

公演にはシルク・ドゥ・ソレイユやブルーマン・グループ、ラスベガスがベースのバンド「イマジン・ドラゴンズ」のフロントマン、ダン・レイノルズなどがカメオ出演。
オープンにふさわしい豪華なショーになりました。

アリーナこけら落とし公演

シルクのパフォーマーたちはショーのあいまに観客をあおり

ブルーマンはキラーズのヒット曲「Human」でドラムを担当

ドラムバトルも

ダン・レイノルズは「Jenny Was a Friend of Mine」を熱唱

そしてショーガール、ルクソールホテルでショーをおこなっているキャロット・トップ、ジャグリングのジェフ・シビリコ(フラミンゴホテル)もステージ登場。
ラスベガスといえばこの曲、プレスリーの「Viva Las Vegas」で幕を閉じました。

アリーナこけら落とし公演

アリーナでは4月30日にビリー・ジョエル、9月1日にコールドプレイのコンサートなどが予定されています。

『Tモービルアリーナ』
MGMリゾートインターナショナル社と「アリーナやスタジアムの運営、コンサートプロモーションを展開する」(WIKI)AEG社の共同事業。総工費3億5,000万ドル。2万人収容。

関連記事
ラスベガス最大のアリーナ オープン(2016年4月7日)
ニューヨークニューヨークとモンテカルロの間が緑あふれる公園に(2016年4月4日)
アリーナと周辺の工事進捗状況(2015年1月10日)
アリーナの工事はじまる~周辺はレストラン街に(2014年5月20日)
ストリップ地区最大のアリーナ建設へ(2013年3月2日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

ラスベガスーロサンゼルスの高速鉄道、ついに建設か

Xpresswesttrain

すでに報道されているとおり、ラスベガスのXpressWest社が中国の企業連合と合弁企業を設立し、ラスベガスとロサンゼルス間に高速鉄道を建設する計画が発表されました。

2016年9月に着工、開業時期は発表されていません。
両都市間370kmを最高時速240kmで走り、ロサンゼルス近郊のVictorvilleとPalmdaleにも駅を建設します。

ただし最初は、ロサンゼルスの東北およそ140kmに位置するVictorville-ラスベガス間を開通という報道もあり、ロサンゼルス国際空港に到着して鉄道でベガスへというのは、まだまだ先のことになるかもしれません。

ラスベガスと南カリフォルニア間の鉄道は、ラスベガスとアナハイムを結ぶもの、列車内からパーティーがはじまるパーティートレインなどが計画されましたが、どれも実現しませんでした。
今回の鉄道の開業で、渋滞が激しいフリーウェイ15号線の渋滞緩和が期待されています。

ソース
米中、ラスベガス・ロサンゼルス高速鉄道で合弁-習主席訪米控え合意 (ブルームバーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

セリーヌ・ディオン 8月にシーザーズに復帰

昨年夏からシーザーズパレスホテルの常駐公演を休止していたセリーヌ・ディオンが8月27日、ステージに帰ってきます。

あわせて2016年1月までの40公演の日程も発表されました。
・8月27, 29, 30日
・9月2, 4, 5, 8, 9, 11, 12, 29, 30日
・10月2, 3, 6, 7, 9, 10日
・11月3, 4, 7, 8, 10, 11, 13, 14, 17, 18, 20, 21日
・12月30, 31日
・2016年1月2, 6, 9, 10, 12, 13, 16, 17日
開演;午後7時30分

チケットは3月28日午前10時発売開始。

セリーヌは、がんの手術をおこなった元マネージャーで夫の看病と自身の体調不良のため、2014年7月30日からシーザーズの公演をキャンセル。
8月13日にはシーザーズや日本での公演を含むすべての公演を、無期限で延期すると発表していました。

関連記事
セリーヌ・ディオンの公演がキャンセルされました(2014年8月13日)
セリーヌ・ディオン、被災者にメッセージをおくる(2011年3月13日)
セリーヌ・ディオンがラスベガスに帰ってきた(2011年2月16日)
セリーヌ・ディオン シーザースパレスにカムバック(2010年2月11日)
セリーヌ、乙 (2007年12月17日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

北ストリップに新しいホテル建設へ

2013年に建設が発表されて以来、2年間放置されていた新しいカジノホテル『Resorts World Las Vegas』は5月5日、着工するようです。複数のメディアが報じました。

リゾートワールド建設地
『リゾートワールド・ラスベガス』建設地 2008年4月13日

北ストリップ地区、ファッションショーモールとサーカスサーカスホテルの間に建設する『リゾートワールド・ラスベガス』は、東南アジアやニューヨークにカジノを保有するマレーシアのゲンティン・グループが運営。

VEGAS INC紙によると、2017年末ごろのオープンを予定しています。総工費は40億ドル。

リゾート建設地はスターダストホテルがあったところ。
2007年3月にスターダストが解体された後、オーリンズホテルなどを所有するボイドゲーミング社が、新しいカジノ「エシュロン」の建設をはじめました。
しかし、リーマンショック後の景気低迷や建設資材の高騰をうけ、2008年8月に工事が中断。
そのまま計画は頓挫し、2013年3月、跡地をゲンティン社が3億5千万ドルで購入。あわせて新しいホテルの建設を発表しましたが、工事はおこなわれていませんでした。

ラスベガスに新リゾート ゲンティンが計画発表 2013年3月5日(共同JBN)

関連記事
”エシュロン”プロジェクト工事延期(2008年8月3日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

ファッションショーモール 広場にレストラン増設

ファッションショー

ファッションショーモールではラスベガス側の広場に、レストランなどを建設する工事がすすんでいます。

ファッションショー

新しくできるのはレストラン5店とバー、キオスクタイプの売店6店。工事は2015年冬に完成予定です。

また、モールの1階と2階に店舗をもつ『ZARA』は、現在のおよそ3倍のスペースに拡張するため休業中。
従来のメンズとウイメンズにあらたにキッズも加わり、2015年秋再オープンの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

2014年の旅行者数4,100万人超え

ラスベガス観光局から2014年のサマリーが発表されました。

2014年の年間旅行者数は41,126,512人。最多だった2012年の3,970万人よりおよそ140万人増加し、最高記録となりました。
旅行者がいちばん多い月は3月でおよそ369万人。12月がいちばん少なく312万人でした。

2014年12月末日時点での客室数は150,544室。
ストリップ地区の客室稼働率は88.8%、ダウンタウン地区では78.8%でした。全国平均は64.1%です。
一日あたりの平均客室料金はストリップが125.80ドル、ダウンタウンが65.78ドルでした。

2014年は22,103のコンベンションやミーティングが開催され、およそ520万人が参加しました。

ストリップ地区のカジノの収益は13年より2.1%減少の約63.7億ドル。ダウンタウン地区は2.1%増加し5.1億ドル。クラーク郡全体ではおよそ95.5億ドルでした。

ソース
Las Vegas Welcomes Nearly 40 Million Visitors in 2013(ラスベガス観光局)
2013 LAS VEGAS YEAR-TO-DATE EXECUTIVE SUMMARY(ラスベガス観光局)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

有名スライダー店オープンに長蛇の列

スライダー(小ぶりのハンバーガー)の有名チェーン店『White Castle』が27日、Best Western Plus Casino Royaleにオープンしました。

『ホワイトキャッスル』は1921年、カンザス州で創業。
12州で400店以上を展開しているものの、この店舗はラスベガス初、そしてアメリカ西部地域でもはじめてとなるもの。
そんなこともあり、オープン当日には、この日を待ちわびていた人たちが開店3時間前からならびはじめ、その列はカジノロイヤルの建物を取り囲みそうなものでした。

スライダーは2インチ(約5センチ)四方の正方形で、パティはビーフ100%。
価格は、オリジナルスライダー4コ+フライドポテトSサイズ+ドリンクSサイズのコンボが$7.99。
スライダーは1コだけでは買えないかわりに、10コパックが$9.99、100コ入りボックスは$109.99。

『ホワイトキャッスル』は24時間営業。無休。カジノロイヤルはベネチアンホテルの隣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧