ニュース・事件・事故

2018年1月 2日 (火)

花火とともに新年幕開け~カウントダウン花火レポ

カウントダウン花火

ラスベガスでは夜空を彩る8万発の花火とともに2018年があけました。

カウントダウン花火

歩行者天国となったストリップ地区には例年どおり通りを埋めつくす人々が

ラスベガス観光局によると、この週末の観光客数はおよそ33万人。
昨年同期より1.2%減少しましたが、昨年10月1日におきた乱射事件の影響より、客室の改装などで利用できる部屋数が減っていることに起因するとか。

カウントダウン花火
そして乱射事件をうけ警備は昨年より強化されました。
歩行者天国区間の交差点は、車輌が突っ込んでこないよう公共バスでがっちりガード

カウントダウン花火
300名以上の州兵がストリップ地区、フリーモントストリート、マッカラン空港に

カウントダウン花火
およそ1,500名のラスベガス市警官は全員出勤し、イベントや市内のパトロールにあたり、ストリップ地区のホテル屋上にはスナイパーも配置。
そしてドローンが上空から見まわりました。

治安に不安も感じることもなく、人々のひときわ大きな歓声があがり花火は終了。
この夜の逮捕者はストリップ地区で8人、フリーモントストリート3人。いずれも軽犯罪ということです。

shineフォローしてねshine
ツイッター びば☆ラスベガス
インスタグラム vivalasvegas_official

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

ラスベガス 2017年この一年

#VegasStrong
乱射事件に負けない気持ちをあらわした#VegasStrongがプラネットハリウッドのビルボードに 2017年10月7日

夜空を彩る8万発の花火とともにあけた2017年。この一年を振り返ってみます。

【1月】
1日 昨年おこなわれた住民投票で嗜好用マリファナの合法化案が可決し、1月1日より所持・使用が合法に。
7月1日から販売もはじまりました。

インアウトバーガー

11日 みんな大好き『In-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)』が、待望のストリップ地区初店舗をリンクプロムナードにオープン。

【3月】
25日深夜 動物のマスクをかぶりタキシードを着た4人組が、ベラージオホテルロビーにある宝飾店に押し入る事件が発生。犯行グループのひとり、豚のマスクをつけた男はホテル駐車場で逮捕されました。
ベラージオでは11月28日にもポーカールームに強盗が入っています。

25日午前 デュースバス内で発砲事件。犯人の男はバスの中に4時間半たてこもった後、確保されました。この事件でひとり死亡、ひとりが負傷。
バスがラッピング広告で覆われていたため窓から中が見えなかったこと、車内に設置した監視カメラに録画機能しかなく、リアルタイムで車内の様子がわからなかったことが問題に。

27日 NFLナショナル・フットボール・リーグのオーナー会議で、カリフォルニア州オークランドをホームとするレイダーズがラスベガスに移転することが承認。
本拠地となるスタジアムはマンダレイベイホテルの西側、フリーウェイ15号線に隣接する空き地に建設。11月に起工式がおこなわれました。
レイダースがラスベガスに移転するのは2019年か20年の見込み。

【6月】
日本人観光客からの人気も高いスーパーマーケット『Trader Joe's(トレーダージョーズ)』の、ストリップ地区からいちばん近いディケーター通り店が閉店。およそ16キロ北に店舗を移転したため。

【7月】

ONE OK ROCK

6日 ONE OK ROCKがライブハウスBrooklyn Bowlにおいてライブを開催。

【10月】

#VegasStrong
1日午後10時すぎ マンダレイベイホテル32階から向かい側のコンサート会場へ銃を乱射。死者58人、546人が負傷しアメリカ史上最悪の乱射事件となりました。
事件をうけ、ホテルのマーキーがしばらくのあいだ犠牲者を追悼するもの、事件に負けない気持ちをあらわしたもの、ファーストリスポンダー(事件に対応した警官、消防士、医療関係者など)に感謝するもの一色に。

10日 NHL北米プロアイスホッケーリーグに今シーズンから加入したベガスゴールデンナイツが、Tモービルアリーナで本拠地初戦をおこないました。
試合前のセレモニーでは、ナイツの選手と一緒に乱射事件に対応したファーストリスポンダーが入場。58人の死亡者を追悼する58秒間の黙とうがおこなわれ、リンク上に犠牲者の名前が。
試合は5-2でナイツの勝ち。その後ナイツは快進撃を続け12月28日現在24勝9敗2引分。一部メディアでは、早くもNHLのチャンピオンを決めるスタンリーカップも視野に入れている報道も。

【11月】

自動運転シャトル
8日 自動運転シャトルがダウンタウンで1年間にわたる試験走行を開始。
ラスベガスで自動運転シャトルのテストがおこなわれるのは、今年1月に10日間おこなわれたのに続き2回め。

【12月】
11日 テキサス州サンアントニオからラスベガスに本拠地を移転する、WNBA女子プロバスケットボールリーグ所属のチームの名称がラスベガス・エースに決定。
ホームはマンダレイベイ・イベントセンター。2018年シーズンから。

20日 レディー・ガガがパークシアター(モンテカルロホテル)において、2018年12月から2年間にわたる定期公演をおこなうことを発表。

車止め

20日 ラスベガスブルバードで10月からおこなわれていた、歩行者の安全を守る車止め800本の設置が完了。引き続き2018年は7,500本をたてる予定。
この車止めは、時速88キロで走るトラックが突っ込んできても止めることができるくらい強力なもの。

21日 カウントダウン花火大会の詳細発表。2018年も8万発の花火で幕をあけます。

shineフォローしてねshine
ツイッター びば☆ラスベガス
インスタグラム vivalasvegas_official

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

ベラージオホテルに強盗

ベラージオ

28日午後3時45分ごろ、ベラージオホテルのポーカールーム内にあるキャッシャーで、銃を持った男が現金を要求する事件が起きました。
犯人は奪った金を持ち逃走しています。

この事件でけが人などはいませんでした。奪われた金額は発表されていません。

警察によると、犯人はウイッグと眼鏡で変装した30代から40代の白人。逃走に使われた車は発見されました。

映画「カジノ」等に出演している俳優ジェームス・ウッズが偶然キャッシャーに近いテーブルに居合わせ、何件かツイートをしています。
その中には「キャッシャーが落ち着いて金を渡したため、客は誰も怪我をしなかった。事件がおきたことさえ気がついていない。ベラージオのスタッフはすばらしい」と称賛するものも。

ベラージオはたびたび強盗に入られ、今年3月に動物のマスクをつけた男たちがロビーにある宝飾店に押し入る事件がおきたばかり。
2014年7月には現金4万5千ドル、2010年には150万ドル分のカジノチップが奪われるという事件もありました。

ソース
Police seek armed man who robbed Bellagio cashier(Las Vegas Sun)

関連記事
ベラージオ150万ドルカジノチップ強盗事件 犯人逮捕!!(2011年2月4日)
ベラージオ25,000ドルカジノチップ 換金は4月22日までに(2010年12月30日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

自動運転シャトル運行はじまる

自動運転シャトル
自動運転シャトル再びラスベガスに

自動運転のシャトルバスが8日、ダウンタウン地区で一年間にわたる試験走行を開始しました。
ラスベガスで自動運転シャトルのテストがおこなわれるのは、今年1月に続き2回め。
前回はフリーモントストリートを東西に走ったのに対し、今回のルートはループ状。右折したりストップサインもあり、より普通の交通状況に近づけています。

車輌は1月と同じフランスのナブヤ社が開発した電気バスを使用。
車体の前と後にセンサー、カメラ、GPSを搭載しています。

自動運転シャトル
車内は大変狭い。座席も狭い。

バスは12人乗り。今回は一度に乗るのは8人まで。
もちろん運転手はいませんが、シャトルの運行やメンテナンスを担うKeolis社の係員が同乗。走り出す前にモニター(写真左上の四角)に必要事項を入力したり、バスについて案内も。
走行スピードは時速16キロから24キロくらいのようです。

自動運転シャトル
ルートマップ

運行開始から間もないこともあり、今のところショートカットなルートを通っています。
経路はフリーモントストリート・エクスペリエンスの東側にあるコンテナパーク(ルートマップのピンク)を出発しS 8th St→E Carson Ave→S 6th St→Fremont St→コンテナパーク。一周7分。
途中E Carson AveとS 7th Stのコーナーで乗り降りできますが、空席がないと乗せてもらえないのでコンテナパークから乗車した方が確実です。

近いうちに、ラスベガスブルバードを通過する全長約1キロのルート(ルートマップ)に変更予定。
その際の乗降場所はラスベガスブルバードとフリーモント、6thとCarson、コンテナパークの3ヵ所に。

自動運転シャトル
コンテナパーク乗降場

運行時間はLas Vegas Review-Journalによると午前11時-午後7時
運賃無料。
降車時に満足度を星の数(1から5)で表すアンケートがあります。

実はこのシャトル、運行初日、それも開始から2時間たたないうちに配送トラックと接触事故を起こしました。
シャトルはトラックを検知し停止したものの、トラックがシャトルに気づかずバックを続け、トラックのタイヤがシャトルのフェンダーに接触したようです。けが人はいません。
この事故でトラックのドライバーがラスベガス市警に出頭を命じられました。

車輌を修理するため11日から13日まで運休しましたが、14日から再開。
今後も試験走行を続ける予定です。

関連記事
フリーモントストリートで自動運転のシャトルバス走行試験中(2017年1月12日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

乱射事件から1ヶ月 現場付近はいま

#VegasStrong
マンダレイベイホテル 11月1日

10月1日におきたアメリカ史上最悪の乱射事件から1ヶ月。
なぜ犯人が乱射したのか?ー動機の解明はまったく進展がないように見えます。事件に関するニュースも少なくなり、ストリップ地区を歩いていても乱射事件思い出させるものはほとんどありません。
ただし、事件現場周辺は少し違います。

#VegasStrong
コンサートの看板がまだ掲げられた会場 11月1日

・コンサート会場

死者58人、500人以上が負傷した会場では、逃げる際に残された個人の持ち物をすべて収集ずみ。
人体に有害なものがグランドに残留しないような清掃も終了し、1日からコンサートに出店していた業者が、そのままになっていた商品を回収する作業がはじまっています。

会場内は少しずつ事件前の状態に戻っていますが、周辺ではまだ一部交通規制が解除されていません。

また、11月12日に開催される「ラスベガス・ロックンロールマラソン」にも影響が出ています。
毎年マンダレイベイホテル前からスタート、会場ではマラソン開始前にイベントがおこなわれていました。今年は1マイル北にあるニューヨークニューヨークホテル前がスタートラインに。イベントはSLSラスベガスホテル向かい側にある野外会場に変更されています。

#VegasStrong
マンダレイベイホテル 11月1日

・マンダレイベイホテル

乱射の際に割った部屋の窓は、事件から一週間すぎたころ他の窓と違う素材で塞がれましたが、現在では同じものに。外からでは犯人の部屋が探せなくなりました。

#VegasStrong
ハロウィンのカボチャも 11月1日

ホテル外側で事件を感じるものは、ラスベガスブルバードから玄関に至る歩道につくられた献花場。
そして、「事件に負けない、私たちは強い」という思いをあらわした、ホテル高層部に掲げた『#VegasStrong』バナーだけです。

#VegasStrong
マンダレイベイホテル カジノ 11月1日

ホテル内では多くのスタッフが『#VegasStrong』Tシャツを着用していました。

関連記事
乱射事件からまもなく3週間 人々の祈りは続く(2017年10月19日)
乱射事件から一週間 初の週末を迎える(2017年10月10日)
乱射事件から3日 事件現場付近にも観光客が戻る(2017年10月5日)
乱射事件から2日 いつものラスベガスを取り戻しつつ(2017年10月4日)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

歩道とバスに安全対策講じる

ミラージュホテル前
ミラージュホテル前 10月25日

◆歩行者の安全確保

ラスベガス・ブルバードの歩道に、歩行者の安全を確保するため車止めのポールが設置されます。

スプリングマウンテン・ロードからトロピカーナ・アベニューまでのあいだ、歩道脇にフェンス等のないミラージュホテルパリスホテルベラージオホテル、ハワイアンマーケットプレイス前などに約700本のスチール製のポールを立てる予定。
このポールは、時速88キロで走るトラックが突っ込んできても止めることができるくらい強力だとか。

工事の下準備はすでに10月中旬からおこなわれており、10月末までには設置工事がはじまるようです。

このところ車が突入し歩行者が犠牲になる事件が相次いでいますが、ラスベガスでも2015年12月、プラネットハリウッドホテル前で歩道に乗り上げた車がそのまま歩道を走行。1人死亡、35人が負傷するという痛ましい事件がおこっています。

◆バス乗客の安全確保

SDXバス
SDXバス 10月25日

公共バスRTCバスに、リアルタイムでバス内の様子を配信することができる監視カメラが搭載されます。

現在使われているカメラは録画はできるものの、ライブでバス内を見ることはできないそう。
今年3月におきたデュースバス立てこもり事件では、車体が広告でラッピングされているため警官が窓から中の様子を窺うことができず、監視カメラも役に立たなくて問題になりました。

観光客が利用するデュースやSDXバスに新しいカメラが載るのは11月から、その他の路線では1月中旬までに利用できるようになる予定。

ラッピング広告は年間200万ドルの利益があがるためこれからも続けますが、ラッピングの素材を外から中が多少見やすくなるものに変えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

乱射事件からまもなく3週間 人々の祈りは続く

#VegasStrong
多くの観光客で賑わうラスベガスサイン 10月17日

アメリカ史上最悪といわれ死者58人、546人が負傷した乱射事件からまもなく3週間、ストリップ地区は事件前の様子を取り戻しています。
時おりホテルのマーキーに表示される『#VegasStrong』の文字だけが、事件を思い出させるものに。

#VegasStrong
追悼ウォーク 10月15日

もちろん犠牲者を悼む気持ちが無くなったわけではありません。
15日には追悼ウォークがおこなわれました。
フェイスブックで拡散されたこのイベントに2,500人以上が参加表明。
『#VegasStrong』と書かれたTシャツを着用し、サーカスサーカスホテルから事件現場のマンダレイベイホテルまで、ラスベガスブルバードを2時間にわたり歩きました。

#VegasStrong
花やキャンドルが捧げられたラスベガスサイン 10月17日

ストリップ地区各地にあった献花場はほとんどが撤去されました。現在は事件現場にも近いラスベガスサインが献花場に。

#VegasStrong
十字架をひとつづつ見る人も ラスベガスサイン 10月17日

サインの後ろ側には58本の十字架が置かれています。
十字架はシカゴに住む元大工さんが作り届けてくれたもの。
十字架一本づつに犠牲者の名前が書かれ写真や星条旗、故人を偲ぶ言葉がつづられた中に折り鶴も。

#VegasStrong
メッセージを書く人 ラスベガスサイン 10月17日

サインの周りに置かれている岩やキャビネット、フェンスの土台などあらゆる空白のスペースにはすべてメッセージが書き込まれていました。

ラスベガスサインに置かれた十字架や品物は11月12日、ラスベガス近郊にあるクラークカウンティ・ミュージアムに移され、いずれは展示される予定です。

#VegasStrong
#VegasStrong Tシャツ フラミンゴホテル 10月18日

『#VegasStrong』は「事件に負けない、私たちは強い」という思いを表わしたもの。事件直後からSNSで使われ、最近ではいくつかの団体がTシャツを販売しています。
デザイン、値段は団体により違いますが1枚15ドルから25ドル。利益は100%犠牲者や負傷者をサポートする基金に寄付されます。
MGM系列、シーザーズ系列のホテルのギフトショップでも購入可。

また、シーザーズパレスホテルのナイトクラブ「OMNIA Nightclub」では、ベネフィットコンサートを11月7日に開催。
スティーブ・青木、ティエスト、ゼッド、カスケイドなど人気DJが多数出演します。
入場料は男女とも30ドルから。

#VegasStrong
コンサート会場向かい側の道路に掲げられたバナーにメッセージを書く追悼ウォーク参加者 10月15日

コンサート会場にはまだフェスティバルの看板やライドがそのままになっているものの、会場に残された個人の持ち物ーバッグや財布、帽子、シューズ、チェアなどはすべて収集されました。これらは一ヶ所に集められ、取りにきた人にはを返却しています。
会場周辺では一部で通行止めが続いてますが、解除されるにはまだ時間がかかりそうです。

関連記事
乱射事件から一週間 初の週末を迎える(2017年10月10日)
乱射事件から3日 事件現場付近にも観光客が戻る(2017年10月5日)
乱射事件から2日 いつものラスベガスを取り戻しつつ(2017年10月4日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

乱射事件から一週間 初の週末を迎える

VegasStrong
ベラージオホテル前 10月7日

1日に起きた乱射事件から一週間がたち、事件後初の週末を迎えました。

VegasStrong
プラネットハリウッド前 10月7日

週末の夜はラスベガスがいちばん賑やかなとき。
プラネットハリウッドホテルベラージオホテル周辺には多くの人が。

VegasStrong
ベラージオホテルの噴水ショーは事件後から「God Bless the U.S.A」 10月7日

ストリップ地区は少しずつ事件前の景色に戻っています。
各ホテル前にいた警官の姿はなくなりました。
犯人が発砲したマンダレイベイホテルと同じ系列のホテルのマーキーでは、お悔やみの言葉などを常時表示していましたが、週末にはホテル内レストランの宣伝も表示されるように。

VegasStrong
ナイトクラブ入場待ちの列 アリアホテル 10月7日

夜のラスベガスといえば、お酒を飲みながら歩いている人が多いですが、この週末はほとんど見かけませんでした。
事件の影響ばかりでなく、7日の夜は涼しかったということもあるかもですが。

VegasStrong
マンダレイベイホテル 犯人が宿泊した部屋の割れた窓はふさがれて 10月8日

マンダレイベイに設けられていた規制は解除されました。
事件後しばらくのあいだ、歩行者は無料のトラムかルクソールとのあいだの通路を使いホテルにアクセスしていましたが、すべての玄関から入ることができるように。
タクシーも通常の乗り場から利用できます。

VegasStrong
マンダレイベイホテル トラム乗り場へ 10月8日

しかし、ホテルにいるお客さんはいつもの週末と比べかなり少なくみえました。

VegasStrong
マンダレイベイホテル レストラン「Fleur」 10月8日

日曜午後6時半ごろ、人気レストランにも多くの空席が。

VegasStrong
マンダレイベイホテル 「Michael Jackson ONE」シアター 10月8日

2日から休演していた「Michael Jackson ONE」は6日に再開。
セキュリティが強化され、劇場に入る際、金属探知機を通るようになりました。

8日、事件発生時刻の午後10時5分、ストリップ地区のマーキーが犠牲者を追悼するため消灯。
乱射が続いた11分間に渡り沈黙しました。

VegasStrong
コンサート会場前 10月8日

9日現在、コンサート会場周辺の通行止めは一部解除されていません。
会場内では今も捜査が続いているようです。

関連記事
乱射事件から3日 事件現場付近にも観光客が戻る(2017年10月5日)
乱射事件から2日 いつものラスベガスを取り戻しつつ(2017年10月4日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

乱射事件から3日 事件現場付近にも観光客が戻る

Vegas Strong

日本でも大きく報道された乱射事件から3日が経過した水曜、事件現場付近に観光客が戻ってきました。
事件直後から閉鎖されていたラスベガスブルバードは、火曜夜に通行止めが解除。人もクルマも通ることができるように。

Vegas Strong

しかし、コンサート会場側は規制されていて、歩行者はまだ通行することができません。

Vegas Strong

ラスベガスブルバードの向かい側からコンサート会場をじっと見つめる人も。

Vegas Strong

コンサート会場北側にあたるエクスカリバーホテルルクソールホテルのあいだの交差点には、献花場がつくられました。

Img_7823

犠牲者を悼み祈る人、涙を流す人---失われた多くの命が胸に迫ります。

Vegas Strong

エクスカリバー、ルクソールはすでにいつものカジノの様子です。
ただし、犯人が発砲したマンダレイベイホテルはいまだ規制線が張られ、まるで人々を拒んでいるよう。

Vegas Strong

4日現在、ホテルの玄関は閉鎖されています。
歩行者がマンダレイベイにアクセスするには、エクスカリバーやルクソールからのトラム、およびルクソールとのあいだの通路「The Shoppes at Mandalay Place」を通って。
また、タクシーなどは、マンダレイベイに隣接するDelanoホテルのバレーパーキング付近から利用することができます。

Vegas Strong

バーではお酒を飲んでる人もいますが、カジノはよそと比べ静かな感じが

Vegas Strong

マンダレイベイでおこなわれているシルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」は、本来の休演日をはさみ5日までキャンセル。
6日から再開される予定です。

関連記事
乱射事件から2日 いつものラスベガスを取り戻しつつ(2017年10月4日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

乱射事件から2日 いつものラスベガスを取り戻しつつ

Vegas Strong
SNSのハッシュタグにもつかわれている「VegasStrong」のマーキー。リンクプロムナード 日付けのないものは10月3日撮影

日本でも大きく報道された乱射事件から2日経過した火曜、市内各地では追悼集会がおこなわれました。

ローカルTV局は事件直後から翌日にかけ、CMもはさまずにニュースを流しつずけていましたが、火曜は通常の番組表どおりになりました。
ラスベガスは日常に戻ろうとしています。

Vegas Strong
ホテルのマーキーには追悼の言葉

そんな火曜日、観光客はすでに「いつものラスベガス」を過ごしているようにみえました。

ラスベガス
テーブルゲームに興じる人たち フラミンゴホテル 

Vegas Strong

ベラージオホテル噴水ショー。曲はしばらく「God Bless the U.S.A」? 

Vegas Strong

観光バス「BIG BUS」も運行。屋根のない2階席が気持ちいい季節です。 

Vegas Strong

事件前と大きく変わったことは、ほぼホテルごとに警官が待機していること。
いつまで続けるのかわかりませんが警官がいるのは心強いです。

Vegas Strong
半旗が掲げられたニューヨークニューヨーク 10月2日

実はニューヨークニューヨークホテルMGMグランドホテルのあるトロピカーナ通りを境として、北と南では様子が大きく変わります。

Vegas Strong
花が捧げられていました 10月2日

事件現場のあるトロピカーナ通りから南のラスベガスブルバードは、いまだ通行止め。
歩行者もルクソールホテルから先は規制されていて大通りを歩けません。
エクスカリバーホテルからルクソールホテルマンダレイベイホテルへは無料のトラムで。

Vegas Strong

犯人のいた32階の部屋はまだ窓が割れたままです。マンダレイベイ 10月2日

Vegas Strong

トロピカーナホテルとエクスカリバーを結ぶ歩道橋で、事件現場の方を沈痛な面持ちで見つめる人たち

関連記事
乱射事件から3日 事件現場付近にも観光客が戻る(2017年10月5日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧