« SLSラスベガスホテル 新しくオープン | トップページ | 噴水×クラブ 噴水ショーに新曲加わる »

2014年9月17日 (水)

ストリップでガラス容器の飲料飲み歩き禁止に

クラーク郡は16日、ストリップ地区で開封したガラス容器に入った飲料の持ち歩きを禁止する条例を可決しました。

これにより、ラッセル・ロード(マンダレイベイホテル)からサハラ・アベニュー(SLSラスベガスホテル)間のラスベガス・ブルバードの公共の歩道で、お酒はもちろんジュースや水なども含む、すべての開封済みのガラス容器入りの飲料の持ち歩きが禁止されます。
条例は、ガラスのビンを使用した事件や、割れて歩道に散らばったガラスの削減のためで、カンやプラスチック、紙などに入ったお酒やほかの飲料は、今までどおり飲みながら歩くことができます。

条例に違反した場合、警官に飲み物を没収されますが、場合により軽犯罪で逮捕され、最高で1,000ドルの罰金または6ヶ月間の拘置も。

なお、コンビニなどでガラス容器入の飲料を購入し、ホテルに持ち帰ることはできますが、袋に入れ封をし、レシートを貼らなければなりません。

Las Vegas Sun紙によれば、条例が施行されるのは9月末日の見込み。

関連記事
【続報】フリーモントストリートでビン・缶のお酒が没収に(2014年7月21日)

|

« SLSラスベガスホテル 新しくオープン | トップページ | 噴水×クラブ 噴水ショーに新曲加わる »

お知らせ」カテゴリの記事

観光・旅行に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221436/60333858

この記事へのトラックバック一覧です: ストリップでガラス容器の飲料飲み歩き禁止に:

« SLSラスベガスホテル 新しくオープン | トップページ | 噴水×クラブ 噴水ショーに新曲加わる »