« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

フリーモントストリートにジップラインがオープン

フリーモントストリートの新しいアトラクション、ジップライン『Slotzilla(スロットジラ)』が27日、一部オープンしました。

ジップラインとは、ロープにぶら下がりながらワイヤーを伝って滑り降りるという、鳥気分になれるアトラクション。
フリーモントでは「Flightlinez」というジップラインが2010年10月、3ヶ月間の期間限定で開業。100万人以上が利用するという人気のアトラクションになり、当初の期間を大きく過ぎた2013年6月に閉鎖しました。

新しくオープンしたジップラインは、以前のものよりパワーアップ。
スタート地点となる巨大スロットマシンには、高さの違う乗り場が2カ所。
・低い方「zip line」高さ23m 滑走距離260m 料金$20 4th通りの乗り場からフォークイーンズホテル前まで空中散歩が楽しめます。
・高い方「zoom line」高さ35m 距離520m 最高時速56km 料金$30 滑走中は腹ばいになり空を飛ぶような姿勢をとります。

今回オープンしたのは低い方だけで、高い方はほどなく開業の模様。

『スロットジラ』
利用には下記の条件があります。
・体重60-300パウンド(27.2-136.1キロ)の間
・酔っていない
・妊娠していない。病気や健康に問題がある人は電話(844-ZIPVEGAS)やチケット売場で確認を
年齢制限は体重をクリアしていれば特にないようですが、13歳未満の子供は大人も一緒に乗らなければなりません。

時間;日-木 正午ー午前0時 / 金・土 正午-午前2時 
チケット購入・乗車場所;フリーモントストリートの4thとラスベガス・ブルバードの間
チケット購入時に、健康状態などを問う書類にサインをすると思うので、不安なら辞書などを持って行って。

なお、リオホテルでも近いうちにジップラインがオープン予定。

ソース
SlotZilla at Fremont Street Experience(VEGAS.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

ラスベガスの市内通話のかけかたが変わります

ラスベガスと周辺地域の市外局番は「702」ですが、利用できる電話番号が残り少なくなったため、6月に新たに「725」を発行。702と725のふたつの市外局番が混在するようになります。
これに伴ない、この地域では市内通話のかけかたが5月3日から少し変わります。

今まで市内通話は、市外局番をつけない XXX-XXXX という7桁の番号でかけることができましたが、これからは市外局番が必要になり、 702または725-XXX-XXXX の10桁でかけることになります。
702から702、725から725にかける場合でも、必ず市外局番をつけてください。

変更されるのは市外局番が702・725の地域の市内通話だけで、市外通話、国際電話のかけかたは従来と同じです。

なお、725が割り当てられるのは新しく電話番号を取った場合なので、現在使われている電話番号に変更はありません。

ソース
With Southern Nevada outgrowing 702, new code being introduced(Las Vegas Sun)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

ストリップに新しいカジノオープン

ベラージオホテルのななめ向かい、シーザーズパレスホテルの向かい側という超好立地で改装工事がすすむ『The Cromwell(ザ・クロムウェル)』が21日午後、カジノをオープンさせました。

クロムウェル

クロムウェルは以前「バーバリーコースト」、2007年からは「ビルズ・ギャンブリングホール」という名前のホテルでしたが、2013年2月に閉鎖。
以来、大規模な改装工事をおこない、客室数188のブティックホテルに変貌をとげました。

クロムウェル

カジノフロアの天井のシャンデリアは、バーバリーコースト時代のもの

クロムウェル

スロットマシン440台、テーブルゲームは66台

クロムウェル

フロアはクラシックな雰囲気で赤が印象的に使われています。そんなところがコスモポリタンホテルぽい感じに。

クロムウェル

クロムウェルはシーザースエンターテイメント系列。改装費1億8,500万ドル。
グランドオープンは5月21日の予定。
テレビに出演するスターシェフのイタリアンレストラン『Giada』、クラブ『DRAI'S BEACHCLUB • NIGHTCLUB』・『DRAI'S AFTER HOURS』も同時に開業します。

クロムウェル

ホテルのメイン玄関は建物の東側にあるため、ストリップ側玄関はすごくシンプル。

ソース
THE CROMWELL NEARS COMPLETION THE FIRST STAND-ALONE BOUTIQUE HOTEL ON THE LAS VEGAS STRIP ET TO OPEN MAY 21, 2014(Caesars Entertainment)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

サーカスサーカスの隣に大型野外コンサート会場建設

MGMリゾート・インターナショナル社が21日、サーカスサーカスホテルとサハラ通りの間に、野外コンサート会場『City of Rock』を建設する計画があることがわかりました。

8万人を収容できる会場には5つのステージが設けられ、ブラジル・イギリス・アメリカをテーマにした通り、レストラン、ショップ、観覧車やジップラインなどのライドも。

『City of Rock』は、2015年5月に開催される大規模なミュージックフェス『Rock in Rio USA』の会場としてつくられ、その後は音楽やスポーツのほか様々なイベントでも使われる予定。
ビルボードによれば7月から工事をはじめ、工事期間は7ヶ月。

『Rock in Rio』
世界最大級のミュージック・フェスティバル。
1985年にブラジルのリオデジャネイロではじまり、現在ではスペインやポルトガルでも開催されています。観客動員数700万人。
ラスベガスでは2015年・2017年・2019年にひらかれ、2015年は5月8・9・15・16日の4日間開催。2017年は6日間開催の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

ホットドッグ早食い選手権 ラスベガス予選開催

独立記念日にニューヨークで開催される『ホットドッグ早食い選手権』への出場をかけた地区予選が4月26日、ニューヨークニューヨークホテルでおこなわれます。

ホットドッグのチェーン店Nathan's(ネイサンズ)主催の同コンテストは、過去に日本人が何度も優勝したこともあり、毎年日本でもニュースに。

地区予選が開かれるのは、ラスベガスを皮切りに全米13ヶ所。予選の優勝者だけが本選にすすむことができます。

ホットドッグ早食い選手権ラスベガス予選
写真は2010年5月6日

予選はブルックリンブリッジで午後3時スタート。午後1時から団体戦がおこなわれますが、こちらは勝っても本選には出場しません。

なお、4月16日時点で予選参加者をまだ募集中。希望者はネイサンズのウェブサイトから参加登録できます。

ネイサンズはニューヨークニューヨークホテルのほかルクソールホテルMGMグランドホテルモンテカルロホテルベネチアンホテル、ファッションショーモールにも店舗があります。

関連記事
ホットドッグ早食い選手権 ラスベガス予選(2010年5月7日)
ホットドッグ早食いコンテスト ラスベガス予選(2009年5月8日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

キットソン リンクにオープン

キットソン

ロサンゼルスのセレブ御用達セレクトショップ『kitoson(キットソン)』が、このほど『THE LINQ(リンク)』にオープンしました。

キットソン

店は2フロア。アパレルは1階が女性、2階が男性・子供。

キットソン

たぶんラスベガスいちオシャレなショップの店内には、さまざまな商品がぎっしり。
アパレルのほか雑貨、本、化粧品なども。服より雑貨のほうが多いです。

キットソン

おみやげによさそうなものもあり。
「LAS VEGAS」と入ってる雑貨やTシャツは、普通のギフトショップのより絶対かわいいし。
毎朝8時にお店が開くのもうれしいところです。

キットソン

『kitoson(キットソン)』
営業時間;日-木 午前8時-午前0時 / 金・土 午前8時-午前2時
場所;フラミンゴホテルリンク側玄関の隣

関連記事
世界最大の観覧車ついにオープン!!~夜景編(2014年4月6日)
世界最大の観覧車ついにオープン!!~乗車レポ編(2014年4月1日)
世界最大の観覧車ついにオープン!!~基本編(2014年4月1日)
リンク とりあえず全貌公開(2014年3月9日)
リンク 一部オープン(2013年12月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

フードトラックが一堂に会する食のイベント開催

およそ50台のフードトラックが集まるフードフェス『Las Vegas Foodie Fest』が4月24日-27日、ルクソールホテルの向かい側の広場で開催されます。

ラスベガス・レビュー・ジャーナル紙のベスト・オブ・ラスベガスで、読者選出のベスト・フードトラックに輝く『Hummus Factory』、2位の『Dragon Grille』。「LINQ(リンク)」に開業する、アジアのマーケットをテーマにしたレストラン「F.A.M.E.」にも出店する『Fukuburger』などが集合。
また、アメリカ東部から中西部までに店舗を持つ、有名スライダー(小ぶりのハンバーガー)店『White Castle』も参加します。

会場にはライドが設置され、ライブが楽しめるほか、ルクソールで長期公演中のヒップホップダンスグループ『ジャバウォーキーズ』のパフォーマンスも予定されています。

日時;24・25日午後4時-午前0時 / 26日正午-午前0時 / 27日正午-午後10時
入場料; 一般入場券 4日間有効 当日$10 / ウェブ前売り$8
子供;身長54インチ(約1.37メートル)以下無料
59歳以上;有効なIDを提示すると当日$8
※入場するだけの料金です。飲食や遊具などには代金がかかります。
※はじめて入場するときにもらえるリストバンドで再入場ができるので、最終日までなくさないで
飲み放題になるVIPパス(21歳以上)は一日券$60・前売り$50、4日間有効券$120・前売り$100
場所;ルクソールのラスベガス・ブルバードをはさんだ向かい側の広場

関連記事
2014年ベスト・オブ・ラスベガス発表(2014年4月7日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

4月15日は皆既月食を見よう

4月14日から15日にかけ、ラスベガスで月食を見ることができます。

月は14日午後9時53分から欠けはじめ、15日午前3時38分に終了。
皆既月食は午前0時6分から午前1時25分まで。食が最大になるのは午前0時45分です。

国立天文台によれば、”皆既月食中の月は、一般に真っ黒にはならず、多くはよく「赤銅色」と表現される赤黒い色で観察されます。しかしこの色は、皆既月食ごとに変化することが知られています。”ということなので、いつもとは違う色の月を見ることができるかもしれません。

なお、ラスベガスでは10月8日にも皆既月食を観測することができます。

ソース
Total lunar eclipse on october 8 2014 (United States).(vercalendario.info)

関連記事
ラスベガスでも日食を観測(2012年5月21日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

夜景はどこから見るのがいいのか比較してみた

世界最大の観覧車『ハイローラー』がオープンし、またひとつ上空からラスベガスの景色を楽しめる場所が増えました。

夜景はどこから見るのがベストなのか?
人気夜景ビューポイントの『ストラトスフィアタワー』(ストラトスフィア カジノ ホテル & タワー)、『エッフェル塔』(パリスホテル)、そして新たに加わった『ハイローラー』(リンク)の3つの夜景を比較してみました。
※写真をクリックすると拡大します

★ストラトスフィアタワー
ラスベガスでいちばん高いところから景色を楽しめます。
高さ260メートルのところにある展望台からは、360度にだーっと広がるラスベガスの灯りが。

ストラトスフィアタワー夜景
2009年2月撮影 ストリップ方向

また展望台の上にフリーフォールがつくられているので、さらに高いところから夜景を見ることも。
ただしストリップのいちばん北側に位置し、中心街から離れているため、ホテルは小さく見えます。

ストラトスフィアタワー夜景
2007年12月撮影 ダウンタウン方向

営業時間;午前10時-午前1時/金・土・祝日;午前10時-午前2時
展望台入場料;大人 $18.00 子供 $10.00 シニア $12.00 

関連記事;ストラトスフィアタワーからの夜景(2009年2月27日)

★エッフェル塔
エッフェル塔はパリのほぼ半サイズ。展望台は高さ140メートル。

ラスベガス・ブルバード沿いにあるので、ミラージュホテルあたりから南側の大通りの景色が楽しめます。
眼下には向かい側にあるベラージオホテルの噴水ショーが。もちろん2,000個のライトが輝くハイローラーも見ることができます。

営業時間;月-金;午前9時30分-午前0時30分/土・日;午前9時30分-午前1時 
入場料;午前9時30分-午後7時15分 大人$11.50※/子供(12歳以下)・シニア(60歳以上)$7.50
午後7時15分-閉館 大人$16.50※/子供・シニア$11.50※
※トータルリワーズカード提示で1ドル引き

関連記事;パリのエッフェル塔開業125年記念パーティー パリスで開催(2014年3月15日)

★ハイローラー
いちばん高いところが約168メートル、一周30分。世界最大の観覧車

ハイローラー夜景

上空からの夜景プラス観覧車のわくわく感を楽しみたい人に。
ただし大通りからやや奥まっているところにあるため、大通りの景色はほとんど見えません。

ハイローラー夜景

営業時間;午前10時-午前2時
料金(サービス料抜き);Day Part Standard Ticket $24.95 午前10時-午後6時に利用可 
NIght Part Standard Ticket $34.95 午後6時-午前2時に利用可 
Express Pass $59.95 列に並ぶことなく乗車できる。通常営業時間内に利用可
One Day Flex Pass $44.95 通常営業時間内に一度利用可
Three Day Flex Pass $54.95 3日間のうち一度だけ利用可

営業時間、料金、のりかたなど
乗車レポ 夜景レポ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

松坂大輔初登板

松坂大輔初登板

松坂大輔投手がキャッシュマンフィールドのマウンドにたちました。
ニューヨーク・メッツ傘下の3A『Las Vegas 51s』の松坂が7日、ラスベガスでおこなわれたサクラメント・リバー・キャッツ(オークランド・アスレチックス傘下)戦に先発登板。

松坂大輔初登板
試合前の投球練習で「頑張ってください」の声にうなずく

多くの日本人が応援するなか、5回まで投げました。
松坂がマイナー戦で5回3失点 要所で制球に苦しむ(サンケイスポーツ)

松坂大輔初登板

試合は6-7でラスベガスの勝ち。
サクラメントの中島裕之内野手(元西武)は出場せず、日本人対決は実現しませんでした。

松坂大輔初登板
ラスベガス51sのゆるキャラ。Koufaxia星からやってきた宇宙人のコスモ

松坂の次の登板予定は、ラスベガス51sのウェブサイトで確認を。

関連記事
【大リーグ】松坂大輔ラスベガス51sへ(2014年3月31日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

2014年ベスト・オブ・ラスベガス発表

レストランから有名人まで、読者の投票で「ラスベガスでいちばん」を決める『BEST OF LAS VEGAS』の結果が発表されました。

ベスト・オブ・ラスベガスは、ラスベガスの地元新聞Las Vegas Review-Journalが主催。今年で33回め。
「ベスト・バフェ」や「ベスト・ハンバーガー」などのような食事から、場所やセレブなど多岐にわたるカテゴリーが設けられ、それぞれに読者がベガスでいちばんと思うものを投票。最多のものが栄えある『ベスト・オブ・ラスベガス』に輝きます。同時にレビュージャーナル紙スタッフが選んだベストも発表されます。

Bestoflasvegas

『ベスト・オブ・ラスベガス』に選ばれた場所は、その印として↑サインを店頭に飾り、長くその栄誉をアピールします。なので、サインがあるところは、みんなが選ぶくらいだから間違いないという目安にも。(写真はタウンスクエアの映画館)

ストリップ、ダウンタウン地区にあるレストランで選ばれたものは下記のとおり。
「読」は読者の投票、「編」はスタッフ選出

・バフェ 読編;FEAST BUFFET ステーションカジノ系 読者の2位はBacchanal Buffet(シーザーズパレスホテル
・アメリカ料理 編;SAGE(アリアホテル
・ベーカリー 編;BOUCHON(ベネチアンホテル
・ブラジル料理 読;TEXAS DE BRAZIL(タウンスクエア)
・ブランチ 読; FEAST BUFFET(ステーションカジノ系) 編;JAZZ BRUNCH, THE COUNTRY CLUB(ウィンラスベガス
・カフェ 編;CAFE BELLAGIO(ベラージオホテル
・中華料理 読; P.F. CHANG’S(プラネットハリウッドホテルほか)
・コーヒー・ティー 読;STARBUCKS
・デザート 編;PATISSERIE JEAN PHILIPPE(ベラージオ/アリア)
・ドラフトビール 読;YARD HOUSE(リンク/タウンスクエア)
・ファミリーレストラン 編;HASH HOUSE A GO GO(クワードホテル(旧インペリアルパレス))
・ファインダイニング 読;TOP OF THE WORLD(ストラトスフィア カジノ ホテル & タワー) 編;HUGO’S CELLAR(フォークイーンズホテル)
・フランス料理 読;MON AMI GABI(パリスホテル) 編; ANDRE’S(モンテカルロホテル
・ハンバーガー 読;IN-N-OUT BURGER 編;FIVE GUYS(プレミアム・アウトレット・サウス)
・ホットドッグ 読編;PINK’S HOT DOGS(プラネットハリウッド)
・アイスクリーム/フローズンヨーグルト 読;BEN &JERRY’S(プラネットハリウッドほか)
・ヌードル 編;NOODLES(ベラージオ)
・眺めの良いレストラン 読;TOP OF THE WORLD(ストラトスフィア) 編;EIFFEL TOWER RESTAURANT(パリス)
・ロシア料理 読編;RED SQUARE(マンダレイベイホテル
・シーフード 編;BARTOLOTTA RISTORANTE DI MARE(ウィン)
・スナック 編;LA CREPERIE(パリス)
・ステーキ 編;PRIME STEAKHOUSE(ベラージオ)

関連記事
2013年ベスト・オブ・ラスベガス発表(2013年4月20日)
朝はちょっと優雅にベラージオのカフェでごはん(2012年10月8日)
2012年ベスト・オブ・ラスベガス発表!(2012年4月7日)
2011年ベスト・オブ・ラスベガス発表!(2011年4月3日)
2010年ベスト・オブ・ラスベガス発表!(2010年4月2日)
2009年ベスト・オブ・ラスベガス発表!(2009年3月29日)
2008年ベスト・オブ・ラスベガス発表!! (2008年3月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

世界最大の観覧車ついにオープン!!~夜景編

ハイローラー夜景

クワードホテル(旧インペリアルパレスホテル)とフラミンゴホテルの間に建設したエンタメゾーン『THE LINQ(リンク)』に、高さおよそ168メートル、一周30分の世界最大の観覧車『High Roller(ハイローラー)』が3月31日、オープンしました。

のりかた、営業時間、料金などの基本編はこちらから
乗車レポはこちらから

ハイローラー夜景

観覧車から見る夜景もキレイです。
色とりどりにライトアップされたホテル

ハイローラー夜景

ホテル街の向こうに広がる街のあかり
円形の建物はシーザーズパレスホテル。その向こうの赤い照明のホテルはリオ

ハイローラー夜景

昼か夜、一度だけハイローラーに乗るなら夜をすすめます。

ハイローラー夜景

『THE LINQ(リンク)』
シーザースエンターテイメント社が建設した、広さ20万平方フィートの商業施設と、高さ168m、一周30分の世界最大の観覧車『High Roller』からなるエンタメゾーン。総工費5億5千万ドル。
ハイローラーはリンクのいちばん東側、クワードホテルとフラミンゴホテルの後ろに位置します。

関連記事
世界最大の観覧車ついにオープン!!~乗車レポ編(2014年4月1日)
世界最大の観覧車ついにオープン!!~基本編(2014年4月1日)
リンク とりあえず全貌公開(2014年3月9日)
リンク 一部オープン(2013年12月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

松坂大輔7日先発か

松坂大輔投手がキャッシュマンフィールドのマウンドに。
ニューヨーク・メッツ傘下の3A『Las Vegas 51s』の松坂は、7日のサクラメント・リバー・キャッツ(オークランド・アスレチックス傘下)戦で先発が予定されています。

対戦相手のサクラメントには、元西武の中島裕之内野手が所属。日本人対決、それも元同僚対決になるかもしれません。

なお、松坂は早ければ4月はじめにもメジャーに昇格する可能性があるようなので、松坂を目当てに行くなら、あらかじめラスベガス51sのウェブサイトなどで先発投手の確認を。

キャッシュマンフィールド

日時;4月7日午後7時5分
料金(税・サービス料抜);$10.00 - $25.00  
チケット購入はチケットはチケットマスター、球場ボックスオフィスなどで
本拠地キャッシュマンフィールドはダウンタウン、フリーモントストリートのやや北に位置(地図)。
場所的に市バスは利用しない方がよさそうなので、タクシーかレンタカーで。
タクシーは、入場ゲート(写真)付近にタクシーを呼ぶための公衆電話があります。

関連記事
【大リーグ】松坂大輔ラスベガス51sへ(2014年3月31日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

世界最大の観覧車ついにオープン!!~乗車レポ編

ハイローラー

高さおよそ168メートル、一周30分の世界最大の観覧車『High Roller(ハイローラー)』が31日、オープンしました。
さっそく乗車してみたのでレポします。

のりかた、営業時間、料金などの基本編はこちらから
夜景レポ

ハイローラー

オープン直後の午後1時ごろは混んでいたようですが、開業日時がほとんど告知されなかったため、みんな知らないのか夕方は待ち時間ゼロでした。長い列をつくる仕切りがむなしい感じに

ハイローラー

まったく他のお客さんに会うことなく、ハイローラー乗車位置へ

ハイローラー

すいていたこともあり、キャビンには10人で乗車。好きな位置をキープすることができました。
キャビンには最大で40人のることができますが、20人くらい乗ったら場所取りに苦労しそうな気がします。

ハイローラー

ハイローラーは、クワードホテル(旧インペリアルパレスホテル)とフラミンゴホテルの間に建設したエンタメゾーン『THE LINQ(リンク)』のいちばん東側、両ホテルの後ろにあります。
なので、はじめはホテルの後ろ側しか見えませが、景色を見るのに忙しくて気になりませんでした。

ハイローラー

乗車後5分くらいでパリスホテルのエッフェル塔が見えてきます。
ベラージオやエッフェル塔の景色をおもに楽しみたいなら、観覧車内ではストリップに向かって左側の場所を確保しましょう。乗車時に右側を目指してください。

ハイローラー

空港側

ハイローラー

頂上。
ベラージオホテルの湖は頂上の少し手前から見えてきます。噴水ショーも見ることができます。

噴水ショーは基本的に平日は午後3時から、土・日は正午から午前0時まで。
午後7時までは毎時ちょうどと30分、7時からはちょうど、15分、30分、45分におこなわれるので、噴水が見たいのなら、計算してから乗ったほうがいいかも。ただしガラガラにすいている時に限ります。
もちろん午後7時以降の方が、ショーを見れる確率は大。

ハイローラー

観覧車は、ラスベガス・ブルバード沿いではなく、大通りから離れたところにあるため、通り沿いの景色は手前のホテルに隠れてほとんど見えません。
ミラージュホテルの火山も、ハラスホテルに隠れています。

ハイローラー

写真にキャビン内が映り込んでいますが、観覧車にいたのは、日没の1時間半から1時間前まででした。
ホテル街は観覧車からみて西側にあるため、太陽が西に傾く午後は、ストリップ側の写真にキャビン内が映り込むのでは。
また、日没の30-40分くらい前は西陽がかなりまぶしそうです。

『THE LINQ』
シーザースエンターテイメント社が建設する、広さ20万平方フィートの商業施設と、高さ168m、一周30分の世界最大の観覧車『High Roller』からなるエンタメゾーン。総工費5億5千万ドル。

関連記事
世界最大の観覧車ついにオープン!!~夜景編(2014年4月6日)
世界最大の観覧車ついにオープン!!~基本編(2014年4月1日)
リンク とりあえず全貌公開(2014年3月9日)
リンク 一部オープン(2013年12月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最大の観覧車ついにオープン!!~基本編

ハイローラー

高さおよそ168メートル、一周30分の世界最大の観覧車『High Roller(ハイローラー)』が31日、オープンしました。

乗車レポはこちらから
夜景レポ

ハイローラー

ハイローラーは、クワードホテル(旧インペリアルパレスホテル)とフラミンゴホテルの間に建設したエンタメゾーン『THE LINQ(リンク)』の中で最大の目玉施設。両ホテルの後ろ、リンクのいちばん東側に位置します。

ハイローラー

観覧車へはここから長い通路をとおって。

ハイローラー

最初に簡単な荷物チェックを受けます。
施設にはバーがあるため、外で買った飲み物はお酒、ソフトドリンクとも持ちこむことができません。ペットボトルの水は持ちこみできますが、お酒ではないか匂いをかがれます。
荷物チェックを終えチケットを見せ2階へ。チケットチェックは2回あります。

ハイローラー

エスカレーターをあがると、バーが。ここで購入したドリンクは、観覧車に持って入ることができます。飲み物は$7~。
この後、写真撮影を経て、待合室を抜け、ようやくハイローラーへ。

ハイローラー

ベラージオやエッフェル塔の景色をおもに楽しみたいなら、観覧車内ではストリップに向かって左側の場所を確保しましょう。乗車時に右側を目指してください。
観覧車は1秒間に30センチ進みます。

ハイローラー

キャビンは1台で最大40人乗ることができますが、40人乗るのはキャビンを貸し切りで使う時のみのようです。
座るところは5人がけくらいのベンチが2脚。
キャビン上部にモニターがあり、通過地点の高さが表示されます。頂上に達する5秒前からカウントダウンが。

ハイローラー

30分の旅が終わり下車。外の通路をとおり、ギフトショップ「スカイショップ」が出口。ここでは乗車前に撮った写真の購入もできます。写真は$25~。

営業時間;正午-午前2時
料金(サービス料抜き);Day Part Standard Ticket $24.95 正午-午後6時に利用可 
NIght Part Standard Ticket $34.95 午後6時-午前2時に利用可 
Express Pass $59.95 列に並ぶことなく乗車できる。通常営業時間内に利用可
One Day Flex Pass $44.95 通常営業時間内に一度利用可
Three Day Flex Pass $54.95 3日間のうち一度だけ利用可
チケット購入は観覧車のりば、チケット自販機(写真下)などで。
アメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス在住者はウェブでチケット購入可。スタンダード券は日時の指定ができますが、その時間に乗れるわけではなく、指定時刻までに来場し通常の列に並んでから乗車します。
※営業時間・料金は6月4日現在

ハイローラー

チケット自販機はリンクへラスベガス・ブルバード側から入ってすぐのハイローラーの看板の下、クワードホテルの向かい側あたりにあります。
3月31日時点では稼働していないもよう

『THE LINQ』
シーザースエンターテイメント社が建設する、広さ20万平方フィートの商業施設と、高さ168m、一周30分の世界最大の観覧車『High Roller』からなるエンタメゾーン。総工費5億5千万ドル。

関連記事
世界最大の観覧車ついにオープン!!~夜景編(2014年4月6日)
世界最大の観覧車ついにオープン!!~乗車レポ編(2014年4月1日)
リンク とりあえず全貌公開(2014年3月9日)
リンク 一部オープン(2013年12月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »