« ベラージオ夏の植物園 | トップページ | シルクのチケット55ドル~ 夏のスペシャルオファー »

2012年5月26日 (土)

6月4日と5日、2日続けて天体ショー

6月4日と5日、アメリカの多くの街で天体ショーを見ることができます。

4日は部分日食。
国立天文台の月食各地予報によると、ラスベガスで半影食がはじまるのは午前1時46分。
部分食は2時59分にはじまり、4時3分に食が最大になります。
5時7分に部分食が終わり、6時18分に半影食が終わりますが、5時34分に月の入りになるため、最後まで観察することはできません。
各地の時間(表示は標準時間)
6月4日の部分食について(アストロアーツ)

5日は、金星が太陽の前を横切る『金星の太陽面通過』を見ることができます。

大きなみどころの一つ(アストロアーツによる)である、金星が太陽面の縁に接触するのはラスベガス時間の午後3時6分。太陽面に入りきるのは3時23分。
この後6時間かけ太陽の前を通過しますが、7時55分に日没を迎えるため、最後まで観測することはできません。
ラスベガスでの時間と見えかた(Curt Renz Capital Resources 上が天頂)
各地の時間と見えかた(Transit of Venus )
6月6日の金星の日面通過について(アストロアーツ)

なおラスベガスでは、『金星の太陽面通過』観察に必要な、日食めがねなどを購入することができません。必ず日本から持ってきてください。

関連記事
ラスベガスでも日食を観測(2012年5月21日)

|

« ベラージオ夏の植物園 | トップページ | シルクのチケット55ドル~ 夏のスペシャルオファー »

イベントカレンダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日と5日、2日続けて天体ショー:

« ベラージオ夏の植物園 | トップページ | シルクのチケット55ドル~ 夏のスペシャルオファー »