« 最高気温華氏100度キタ | トップページ | ラスベガスでも日食を観測 »

2012年5月20日 (日)

謎はすべて解けた?エリア51展はじまる

エリア51境界線エリア51に限界まで接近。丘の上には監視車輌が 2008年7月

ストリップ地区の東側、市バスで20分くらいのところにあるNational Atomic Testing Museumでは現在、エリア51展『Area 51: Myth or Reality』を開催中。

エリア51(正式名グレーム・レイク空軍基地)といえば、アメリカ政府からその存在を隠され続けた、謎すぎる空軍基地。UFOをつくっているとか、捕獲した宇宙人がUFO製造に関わっているといった話が、まことしやかに伝わっています。

この展示会では、今まで表に出ることはなかった写真やビデオを含む、数多くの資料を公開。真実をその目で確かめて!
エリア51展は来年夏くらいまでは開催する模様

National Atomic Testing Museum
※館内は写真・ビデオ撮影禁止
開館時間;月-土10am-5pm/日12pm-5pm
入場料(常設展の入場可);大人$20/62歳以上、7-17歳、学生(要ID)$17/6歳以下$6
場所;フラミンゴ通り沿い、パラダイス通りとスエンソン通りの間(地図 ミュージアムはマークよりやや左側の建物)
行き方;バリーズホテルのフラミンゴ通り側からRTCバス202番。パラダイス通りにあるホテルTerrible's(テリブルズ)を過ぎたところで、「降りますサイン」を鳴らして。

エリア51について(WIKI)

|

« 最高気温華氏100度キタ | トップページ | ラスベガスでも日食を観測 »

観光地・アトラクション・美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎はすべて解けた?エリア51展はじまる:

« 最高気温華氏100度キタ | トップページ | ラスベガスでも日食を観測 »