« 新しい歩道橋開通、メガサイズのドラッグストアは2月上旬オープン | トップページ | 7人制ラグビー日本代表 ワールドシリーズ・ラスベガス大会出場 »

2012年1月31日 (火)

さよなライオン~MGMのライオンアトラクション閉鎖

Mgmlion

ライオンを真近で見ることができる、MGMグランドホテルの無料アトラクション『ライオンハビタット』が1月31日、閉鎖されました。

『ライオンハビタット』は、ベラージオホテルの噴水ショーとならぶ人気アトラクション。
人気なのになぜ閉鎖するかというと、現在MGMホテルでは1億6千万ドルを費やし、カジノフロアや客室を改装する『Grand Renovation』プロジェクトが進行中。
アトラクションの閉鎖もこのプロジェクトの一環で、改装後跡地は、巨大ナイトクラブに取り込まれる予定です。

Mgmlion6

最終日はオフシーズンの平日ということもあり、観客はそれほど多くなく、やや淋しい感じが。。。
閉園時間少し前には、MGMの従業員がお別れに来ていました。

Mgmlion5

アトラクション閉鎖とかは人間の都合の話。ライオンはそんなこと全くおかまいなく、いつものようにマイペースで遊んだ後、しばらくお休みタイム。でも、閉園時間がせまると、野生のカンでむっくり起きだし

午後7時、閉園時間に。ライオンたちは別れの挨拶をするでもなく、「また明日ねー」という感じで帰っていきました。

Mgmlion3

そしてライオン舎には誰もいなくなった

『Lion Habitat』(ライオン・ハビタット)
1999年オープン。総工費900万ドル
ライオンはMGM社が所有しているのではなく、ライオンがふだん暮らしている飼育場のオーナーの所有。
ライオンは、ラスベガス郊外の飼育場でオーナーやトレーナーと一緒に住んでいて、およそ20頭がローテーションを組み、毎日2回2頭づつライオン・ハビタットに出勤していました。閉鎖後も、引き続き飼育場で過ごします。
この飼育場にはライオン40頭が飼われており、アトラクション閉鎖後、飼育場を公開する計画のようですが、一般にも公開するのか、プライベートなグループだけ受け入れるのかはまだ未定のようです。

関連記事
MGMホテル 子どもライオン公開中(2012年1月21日)
【衝撃映像】MGMのライオン、トレーナーを襲撃 (2010年9月9日)

|

« 新しい歩道橋開通、メガサイズのドラッグストアは2月上旬オープン | トップページ | 7人制ラグビー日本代表 ワールドシリーズ・ラスベガス大会出場 »

お知らせ」カテゴリの記事

観光地・アトラクション・美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221436/53877688

この記事へのトラックバック一覧です: さよなライオン~MGMのライオンアトラクション閉鎖:

« 新しい歩道橋開通、メガサイズのドラッグストアは2月上旬オープン | トップページ | 7人制ラグビー日本代表 ワールドシリーズ・ラスベガス大会出場 »