« ファッションズ・ナイト・アウト@ラスベガス | トップページ | 10月8日ベラージオ美術館の入場料が無料に »

2011年9月14日 (水)

同時多発テロから10年ラスベガスでも追悼行事がおこなわれる

Dscn0584半旗を掲げる『ニューヨークニューヨークホテル』 9月11日

同時多発テロから10年、週末から11日にかけ、ラスベガスでも多くの追悼行事がおこなわれました。

金曜日にはダウンタウンで、テロで崩壊した世界貿易センタービルを模した2本のビームが夜空を照らし、 消防士による追悼式典が開かれました。

Dscn0599

フリーモントストリートでは、世界貿易センタービルの鉄骨片を展示

パラッツォホテルは赤、青、白の星条旗色でホテルを照らし

Dscn0576

ニューヨークがテーマの『ニューヨークニューヨークホテル』に飾られている、テロの犠牲となったNYの消防士たちの遺品には11日、花が手向けられました。

Dscn0585

遺品を見てる人は、いつもの年より多い気が

また11日は、ツインタワーで殉職した消防士と警察官を追悼する、ストラトスフィアタワーの階段を上るイベントを開催。
参加したおよそ400人の消防士と警察官は、108階1,644段を15分から30分でのぼりきりました。

関連ニュース
同時多発テロのニュースで見たことのある、お父さんに肩ぐるまされ星条旗を持つ女の子の写真。これはテロ翌日、空港北側にあるトーマス&マック・センターでひらかれた追悼式典で撮影されたものだそうです。
当時3歳だった女の子は中学生になり、今でもラスベガスに住んでいます。
10 years later, Las Vegas Sun photo of girl with flag still resonates (Las Vegas Sun)

関連記事
9.11(2009年9月12日)
9.11(2008年9月11日)

|

« ファッションズ・ナイト・アウト@ラスベガス | トップページ | 10月8日ベラージオ美術館の入場料が無料に »

ニュース・事件・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同時多発テロから10年ラスベガスでも追悼行事がおこなわれる:

« ファッションズ・ナイト・アウト@ラスベガス | トップページ | 10月8日ベラージオ美術館の入場料が無料に »