« 9.11 | トップページ | セレブ御用達ホットドッグ屋ができました@プラネットハリウッド »

2009年9月13日 (日)

荷物チェックされてました

成田からロサンゼルス経由でラスベガスまで帰ってきたんだけど、飛行機に荷物を預けた後でおこなわれる荷物検査に選ばれて、キャリーバッグが開けられてました。

チェックした荷物には「NOTICE OF BAGGAGE INSPECTION」っていう”荷物検査したよー”っていうお知らせ(↓)がかばんの中に入っているので、開けた瞬間「やられたΣ(;・∀・)」ってわかります。

0910091723

もちろん不審なものはなくて、お菓子やレトルト食品、帰った日の夜ゴハンの焼きソバUFO、化粧品、服とかなんだけど、中にはあとで洗濯しようと思ってた下着もorz ちゃんと洗っとけばよかった(/ω\)

■アメリカの荷物検査について

同時多発テロ以降、空港でのセキュリティチェックが厳しくなっています。
飛行機に預ける荷物はチェックイン時には何も検査されません。しかし搭乗者の手を離れたあとX線検査を行い、その後不審物が見当たらなくても無作為にいくつかの荷物を選び、TSAアメリカ運輸保安局(Transportation Security Administration)の係員が荷物を開けてもう一度検査をおこないます。

ちなみにラスベガスの空港では、荷物十数個に1個の割合で開ける検査が行われてるようです。

また、この検査時にカギがかかっているとカギを壊して荷物を開けますが、免責事項なので修理代は支払われません。荷物を預ける時はカギをかけてはいけないことになってますが、TSAが許可した『TSAロック』というカギだけは掛けることができます。

TSAロックはスーツケース本体についているもの、スーツケースベルトについているもの、南京錠のものもあります。
私は以前、普通のカギのスーツケースにTSAロックのベルトをまいてましたが、空港で出てきた時にはカギのところがごっそりなくなって、ただのヒモ状になったものが持ち手に結ばれてたことがありました。ベルトじゃやばいかも・・・とか思ってTSAロックつきのスーツケースを買いましたが、昔のスーツケースと比べると軽いし、キャスターは全方向走行できるしで快適です(o^-^o)

|

« 9.11 | トップページ | セレブ御用達ホットドッグ屋ができました@プラネットハリウッド »

観光・旅行に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荷物チェックされてました:

« 9.11 | トップページ | セレブ御用達ホットドッグ屋ができました@プラネットハリウッド »