« MGMグランドが火事? | トップページ | 土曜日は雷雨に注意@ラスベガス »

2008年7月10日 (木)

ノースウェスト国内線、受託手荷物1個めから課金

燃料高騰のあおりをうけ、厳しい経営状態がつづくアメリカの航空会社。大手航空会社では数千人単位のリストラがおこなわれています。
また、さまざまなサービスに対して課金をはじめました。

水曜日にはノースウェスト航空が2,500人のリストラを発表。

同時に1個まで無料だった飛行機に預ける荷物を、1個めから15ドル課金すると発表がありました。この課金は国内線が対象。
国際線からの乗り継ぎでは”米国内地点で乗り継時間が8時間以上の場合は、北米地域内路線の規定が適用されます”と「お荷物に関するご案内」に記載されているので、国際線からの乗り継ぎでもこの場合は1個目から有料になる可能性があります。
日本のノースのウェブ確認しましたが、9日の時点では1個目からの課金については記載されていません。

ノースのほかにはアメリカン航空、ユナイテッド航空、USエアウエイズの国内線の受託手荷物が1個めから有料です。
デルタ航空、コンチネンタル航空では今のところ1個目は無料で預けることができます。

またノースでは、アメリカで発券するマイレージの特典航空券に対しても手数料が必要になります。アメリカ国内線が25ドル、アメリカーアジア線が100ドルです。

ラスベガス発着便を大幅に減便したUSエアウエイズは、機内での飲み物、スナック、アルコールが8月から有料になります。

受託手荷物など、航空会社のサービス内容は頻繁に変わることが予想されるので、出発前には各航空会社のウェブ等で確認してください。

|

« MGMグランドが火事? | トップページ | 土曜日は雷雨に注意@ラスベガス »

観光・旅行に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノースウェスト国内線、受託手荷物1個めから課金:

« MGMグランドが火事? | トップページ | 土曜日は雷雨に注意@ラスベガス »